行きたいリスト

会津地域の産業観光

産業観光とは

産業観光とは、歴史的・文化的に価値のある産業文化財(工場跡など)や稼働中の工場・工房、またそこで生産された製品など、地域独自の産業に関連する資源を通して、モノづくりや地域の歴史にふれる観光をいいます。
会津の産業は、地名の「津」(=水の集まる地)が表すとおり、豊富な水資源が始まりでした。 「会津二十三万石」と称された土地で、米を中心とする農産業が会津を豊かに潤し、戦国時代の蒲生氏郷公が、会津清酒や会津漆器、会津絵ろうそくなどの現在の会津が誇る伝統産業の礎を築きました。

近代では、只見川・戸ノ口・大川水系の水力発電が、電力供給により日本の経済成長を支え、現代は地熱発電、木質バイオマス発電、風力発電所、太陽光発電所も建設され、再生可能エネルギー産業もとても盛んです。 また、近年では、豊富で清らかな水を利用した半導体産業が立地し、そこから会津大学を中心とした情報関連産業も集積されました。さらに、「アナリティクス産業の集積」「ICTの活用」という最先端の技術を活用した産業振興を目指した「スマートシティ会津若松」の取り組みも始まっています。

古いものと新しいもの、特色ある産業、会津の産業観光の魅力をぜひご堪能ください。
会津地域はもともと只見川・戸ノ口・大川水系の水力発電の歴史が深く、電力供給により日本の経済成長を支えてきました。近年では地熱、木質バイオマス、風力、太陽光の発電所も建設され、様々な種類の再生可能エネルギー産業が立地しています。また、「スマートシティ会津若松」に代表されるICTを活用した取り組みも進められています。
蒲生氏郷公が礎を築いた、今も輝きを放つ伝統産業。
世界から高い評価を受ける「会津清酒」の酒蔵見学をはじめ、「会津漆器」・「会津絵ろうそく」・「会津木綿」の工房見学など、職人さんのこだわりを直接伺ったり、伝統の技を体験できるのが魅力です。
100年以上の歴史を誇る仏具メーカーや、精密機械の工場など、会津のものづくりは勤勉で頑固な会津人によって養われた高い技術力が魅力です。
東北最大級のセラミック膜ろ過装置を使った浄水場や、地域で栽培された果実によるワイナリーなど、バリエーション豊かな施設が楽しめます。
会津地域には、経済産業省の「近代化産業遺産郡」に認定されたものや、福島県近代化遺産総合調査報告書に掲載されたものなど、日本の近代化に重要な功績を残した「近代化産業遺産」や、歴史的、文化的価値の高い産業資産が数多く残っています。産業遺産を巡れば、会津の産業の奥深さを感じられることでしょう。
会津地域の産業観光の現場の様子や取り組みを体感できるモデルコースをご紹介します。
会津のものづくりを極める
実直な会津人気質は、きめ細やかな「ものづくり」にこそ生かされます。会津ならではの「ものづくり」の現場を見学します。

コース所要時間:3時間
再生エネルギーとものづくりを探索
会津地域で盛んに行われている「再生エネルギー」への取り組みと、ものづくりの企業を見学します。

コース所要時間:3時間
会津鉄道沿線の魅力を再発見
会津鉄道は、会津地域の物流や人々の交流を長きに渡り支えてきました。会津鉄道沿線には、宿場町として栄えた「大内宿」や「塔のへつり」、田園風景、渓谷など魅力が沢山あります。設備や車両基地を見学します。

コース所要時間:5時間
column
産業観光ガイドパンフレット

産業観光ガイドパンフレット

会津地域の産業観光が良くわかるパンフレットを作成いたしました。 会津地域の産業観光のポイント、特色ある産業観光スポットのご案内、モデルコースなどを掲載しています。 会津地域の産業観光のご検討に、ぜひお役立てください。