天寧寺・近藤勇の墓

テンネイジ・コンドウイサミノハカ

11代葦名盛信の建立により創設。裏手の墓地には新選組の近藤勇の墓があります

天寧寺・近藤勇の墓写真
応永28年(1422)、会津にきた傑堂禅師が11代芦名盛信の建立により創立した寺。かつては会津曹洞宗の僧録司で、末寺33カ寺、12の寺院をかぞえました。
のちに伊達氏の侵攻にあって焼けたため、芦名氏の菩提寺としての面影は、本堂の礎石にわずかに残るのみです。 
天寧寺の裏手の墓地には新選組の近藤勇の墓があります。土方歳三が遺髪などを持っていて会津戦の折、ここに仮埋葬したといいます。4月25日の近藤勇の命日には、墓前祭りが開催されます。
また、藩主松平容保が京都守護職にあった際の国家老で、戊辰戦争の責任者となり明治2年に切腹した萱野権兵衛と、その次男郡長正の墓もあります。
  • 天寧寺・近藤勇の墓その他写真1
  • 天寧寺・近藤勇の墓その他写真2
  • 天寧寺・近藤勇の墓その他写真3
DATA
住所 〒965-0813
福島県会津若松市東山町石山天寧208
電話番号 0242-26-3906
アクセス ハイカラさん・あかべぇ「奴郎ヶ前」下車、徒歩15分
備考1 拝観自由