行きたいリスト
幕末の会津藩家老「西郷頼母」ゆかりの地

西郷頼母邸跡が鶴ヶ城正面の追手町にあります。西郷家は重臣(藩祖以来)で戊辰戦争の際の当主は国家老1700石の西郷頼母近悳(ちかのり)でした。頼母は田中土佐と共に会津藩主松平容保に京都守護職辞退を進言しました。そのため容保公から怒りを買い、家老職を解任されました。戊辰戦争がおこると、家老職に復帰し、白河口総督として、戦いますが、「白河口の戦い」で敗れ、会津へ戻ります。その後、長男・吉十郎を連れて会津から脱出します。西軍が城下町に乱入したとき、家族ら21人は、屋敷の中で辞世の句を残して自決しました。妻・千重子の辞世の歌「なよたけの碑」は墓とともに善龍寺に建っています。
住所 〒965-0873 福島県会津若松市追手町
アクセス まちなか周遊バス ハイカラさん・あかべぇ「北出丸大通り」下車、徒歩1分