行きたいリスト
野口英世ゆかりの地を巡る
レンタサイクルで世界的偉人の足跡を追う旅
赤ん坊の頃の大火傷から左手に障害を持ち、手術をきっかけとして医師を目指すこととなった野口英世。
青春期は会津で過ごし、會陽医院に書生として住み込みで働きながら、約3年半にわたって医学の基礎を学びました。
世界的な偉人「野口英世」ゆかりの地を、レンタサイクルでまわってみよう!
全行程:2時間
START
1

鶴ヶ城天守閣(国指定史跡・若松城跡)

会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」。白虎隊士も見た国内唯一の赤瓦の天守閣が甦りました!
  • 鶴ヶ城天守閣(国指定史跡・若松城跡)
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されました。天守の内部は博物館となっており会津の歴史に触れることができます。平成23年には「赤瓦」へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守となっています。
鶴ヶ城公園内は約69,000坪の敷地があり国の史跡に指定されています。
駐車場は鶴ヶ城西出丸駐車場、鶴ヶ城南口駐車場、鶴ヶ城東口駐車場の3箇所がありそれぞれ有料となっております。

会津若松駅でレンタサイクルを借り、10分
2

洗礼の地(若松栄町教会跡地)

「野口英世 初恋の地」とも呼ばれる、教会跡地
  • 洗礼の地(若松栄町教会跡地)
野口英世19歳の時、洗礼を受けた若松栄町教会の跡地です。今は栄町に移転していますが、当時はここ日新町(旧北小路35番地)にありました。教会で英語を学び、初恋の人・山内ヨネ子と出会ったのもこの教会であることから、「野口英世 初恋の地」とも呼ばれています。
レンタサイクル1分
3

末廣酒造 嘉永蔵

末廣酒造新城家と
  • 末廣酒造 嘉永蔵
貧困の家庭に生まれ、手に重度の火傷を負った英世を学校に出し、面倒をみたのが小林栄先生で、英世は生涯彼を「父」と呼び、小林栄夫人を「母」と呼びました。そんな、小林家の親族にあたるのが、末廣酒造新城家。英世が成功をおさめ、大正4年に帰国した際にも嘉永蔵を訪れ、新城家から歓待を受け大いに喜んでいたとのこと。「Dr.野口」と名付けられた純米吟醸酒は、遊び心が楽しいフラスコボトル入り。
レンタサイクルで5分
4

野口英世青春館・会津壹番館

火傷を負った左手を手術した医院跡
  • 野口英世青春館・会津壹番館
野口英世が3歳の時火傷をおった左手を手術した會陽医院跡で、明治17年に建築。英世が書生となり医学の勉強をした場所です。現在は1階がアンティークなカフェ、2階が野口英世青春館となっています。
レンタサイクルで1分
5

野口英世青春広場

イベントも行われる市民の憩いの場
  • 野口英世青春広場
屋台村やキャンドルナイト、B級グルメ市など、数々のイベント会場となってきた野口英世青春広場。奥には野口英世像が建ち、飲食店やお土産店が入っています。
レンタサイクルで2分
6

栄町教会

英世が洗礼を受けた教会
  • 栄町教会
会津のシンボル的な教会。白にブルーをあしらった建物が可愛らしい。野口英世は18歳の時にここで洗礼を受けました。
レンタサイクルで2分
7

小澤蝋燭店

明治時代の店構えが残る絵ろうそく店。絵付け体験も人気。
  • 小澤蝋燭店
市内の繁華街にあり、明治初期の店構えをそのままに、丹精こめた職人の技で手作りし、手描き模様の伝統を守り通しています。和物が見直されている昨今、ろうそくの静かな明かりは人気があります。また、美しい牡丹や椿や藤や菊などの花模様を見ていると、火をつけるのが惜しくなり飾りとして使用する人も多いほどです。
また、お店では絵ろうそくの絵付け体験も行っています。美しい絵ろうそくは記念品やおみやげにピッタリです。
GOAL